3月9日(土)最賃生活体験運動28日め-奇跡の永続的変革 へむけての跳躍を

原発アクションには行けなかったけれど大演説会には間に合ったので、栄のオアシス21まででかけ 230円、リハビリ 200円、帰り 200円で、交通費小計は 630円です。

昼は赤飯(小)とチキン・にんじんバター炒め、ブロッコリのサラダで 160円、夕食は湯ドーフ・白菜とポン酢、チダイの塩焼きで 360円、食費小計 520円です。

そのほかに組合費と団体会費小計 3,800円、共済掛金基本 200円、任意3,900円があり小計7,900円で、本日の支出合計は9,050円です。このブログ上での支出総累計は、114,999円となりましたが、精査してExcelの表に入力再計算をおこなって近日中に提出しなければなりません。最賃の枠内に収まったとは思っておりません。なにか書き落としているものがあるような気がしています。

 

人間においての外的諸関係は反復される自然との関係、及び社会においての人と人との関わりですが、内面世界はその単純反復に刺激される脳細胞の働きとして絶えず意識を生起するという性質を持っており、こちらは必ずしも単純反復ではなく、極めて複雑な様相で展開されることが多く、ひとつは記憶であり、ひとつは新たな思考として現れる意識活動なのではないかと思います。人間の文明においての言葉・言語の役割と機能はその内面世界においての意識の、意識の外への表出として多様な書物として残され、かつあらたにつくられ続けています。

聖書とか仏典のようなものもあれば、論文・科学書もあり、詩や小説、ドキュメンタリーもあります。ひとりの本を読んできた人間として自分の記憶に深く残るものも数多くあり、それは例えば宮澤賢治の童話や詩であったり、きのうの未来研究会で思い出したものとして、例えばレーニンの『民族自決の討論の決算によせて』とか、いろんな機会に昔読んだものをふと思い出したりもします。長く生きてきたということはそれだけ記憶・想い出も多いかも知れませんが、カズオ・イシグロのようにそれを物語として書き残せる能力はありませんし、そのような想像力もありませんが、それが大多数の人々であろうと思います。そしてその大多数のひとびとにとって、これからのたたかい、一斉地方選挙と参議院選挙は日本の民主主義革命にとっての重要な運動にほかなりません。なさなければならないことは数多く、ひとりでできることはとても限られているとしても、大多数の人々とともに生きたたかっていく道は、まことに奇跡の永続的変革に通じていると信じています。その道を明日も進みます。最賃生活体験運動と最賃闘争を展開しながらみんなで奇跡の永続的変革 へむけての跳躍をつくりだしていきましょう。

 

3月8日(金)最賃生活体験運動27日め-

本日は労金の口座を作るため 230円+ 200円、リハビリ行き 230円+ 200円そのあと第4回未来研究会に行き、交通費の小計は 860円です。

朝はピュアな水200㏄ときな粉・ヨーグルト・蜂蜜MIX、昼食は他人丼とポテトサラダ 980円、夕食はざるそば 500円、食費小計は1,480円、支出合計は2,340円で、累計は105,949円となりました。

 

今日は阿川弘之の『カレーライスの唄』を読み終え、不破哲三の新書本『マルクスは生きている』も読了しました。後者は第4回未来研究会のテキストで10年前に書かれたものです。(『カレー』は1956年ではなく1961年の新聞連載小説の間違いでした。)

未来研究会は、次回と次々回は不破さんの『「資本論」のなかの未来社会論』をやることになりました。その学習会の中でしきりに考えていたことは、昨日書いたことの続きで、例えば最賃生活体験運動にかぎらず、労働組合をはじめとする持続的な運動や要求闘争、ストライキ闘争などはまさに労働者階級を積極的に訓練する「学校」なのだ、ということでした。人間が人間的に人生を送り働き活動するなかでの社会の変革を目的意識的に追及していくとりくみは階級形成を促進し、労働者階級の革命政党をつくりあげ、この党の周りに無数のサークルや支持者の集団などを結集していくでしょう。

民主主義革命自体、民主主義をあらゆる分野で徹底する日常的な要求運動においてたえず繰り返し民主主義の質を問い続けながら徹底されていかなければならないものなのではなかろうかと思います。

あした一日が過ぎれば28日めとなり、2月1カ月間の最賃生活体験運動は完了となります。今夜からの娯楽読みものはなににしましょうか。

 

3月7日(木)最賃生活体験運動26日め-

本日自交一般あいちK君の県労委提出文書についての検討を中地域センターでおこない 230円、そのあと、事務局に提出し都市計画局に栄総行動の集会会場の申請のため移動し、 200円、リハビリに向かい 200円、そして再度中地域センター幹事会へ出席のため 230円、帰りが 230円で交通費小計は1,090円です。

食事は朝がピュアな水200㏄、昼がチキン照り焼き定食 780円、夜が乗刺身のみで 1,350円で食費の小計は2,130円で、今日の支出合計は3,220円です。累計は103,609円です。

 

ドストエフスキーはロシアの皇帝であるツアーリーを暗殺し倒して社会革命を行おうとした事件に連座して絞首台の一歩手前まで行き、帰ってきたひとだと言われています。そしてツアーリーの秘密警察はずっと彼を監視し続けたことが記録に残っているそうです。それは、『悪霊』を書いた後も、『未成年』を書いているときも、危険思想を持っている人物とみられてきたし、事実そうだったのでしょう。

ところで奴隷の反乱や領主に対する農奴たちの殺害を含む抵抗とは違って、労働者階級の革命運動はきわめて系統的で目的意識的なものに変容していると思います。

人間が人間らしく生きていける社会の構築を目指して、まず民主主義の徹底をあらゆる面から追及する運動が積み重ねられ、労働運動がその中心的役割を担って賃上げや労働条件改善等の要求運動をすすめています。

ドストエフスキーの時代と違い、テロルの革命は、レーニンの言うとおり、憤激の自然発生性への拝跪であって、それは領主に対する農奴の復讐と大差が無いし、労働者階級の多数の運動ともなりえないため歴史の舞台から退けられ、かわって労働者階級の先進部隊による目的意識的で系統的で、「計画された戦術」という正しい戦術のもとでの日々たゆまない運動づくりが構築されてゆくのです。1カ月の最賃生活体験運動はそのように働く人々を訓練し、たたかいに立ち上がり運動を粘り強く続け、ひとまとまりの取り組みと言いうる運動のあり方の実践を学ぶのです。

そうした運動の中で働く仲間が生きてゆく、その人生の最も深く繋がって労働運動が形成されることが、労働者階級の階級形成の核心となっていくのではないでしょうか。

そして、あすもと明後日で、最賃生活体験運動が終わっても、こうした生き方を貫くことがいかに大切か、この運動は教えてくれます。

だから、あすも民主主義革命のためにたたかって生きていこうと思います。

3月6日(水)最賃生活体験運動25日め-

本日は昼ご飯をおごって頂くということもあるため、車で移動の後千種駅から中央線で事務所へ 160円、その後リハビリに 230円、そして帰りが 200円で、交通費の小計は 590円です。

食費は朝はピュアな水200㏄、昼はおごりの会席料理(なんと 6,000円)、夕食はチキンクリームシチューの残り、トースト2分の1、プチトマト5個、リンゴ半分、焼き芋で 130円、食費合計130円です。支出合計は 720円で累計は10万389円となりました。

 

例えば三島由紀夫川端康成太宰治坂口安吾などをせっせと読んだ時期もありました。小林多喜二宮本百合子などもかなり読んできました。大江健三郎村上春樹は主要作品は全部読んでいます。本好きなので、新刊が出ると買います。読書が趣味なのです。でも、『騎士団長殺し』をはじめ村上春樹の読み終えたものはすべて二束三文で処分してしまいました。サルトルも『嘔吐』をはじめ古書店にゴミのような値段で引き取ってもらいました。もう床にひびが入るほどの量になっていますので、これ以上は読んでは処分していくほかはありません。なにしろ、『資本論』だけでも岩波文庫向坂逸郎のと、青木文庫の長谷部文雄、同じく日本評論社のは、ただ同然で引き取られていきました。

それでもまだまだ読まなければならない本が山のようにあって、読むまで死んではならないと言われています。自分でもいつか読もう、きっと読もうと思って買ってきた書物は愛着がありますし、それでもまだ欲しいけれど持っていないものもあります。人間の物欲というものも、知りたいという欲望にも、多分限りがないのでしょう。その限りの無いところが、内面世界・精神世界の素晴らしさでもあります。それがただの欲望であるならば、金銭欲や愛欲などと方向が違うだけに過ぎないものなのかとも思います。

井原西鶴が『西鶴諸国噺』で言っているように、人間とは「欲に手足がついたもの」というわけです。ならば、革命欲というのはどうでしょう。人間の向上心を社会とその発展に向けて解放するためには、未来の人間は変革されなければならず、未来社会に適合する発達した新しいひとでなければならないのではないでしょうか。それは民主主義革命での民主主義の徹底を担っていく労働者階級ですね。

3月5日(火)最賃生活体験運動24日め-

今日は午後一時から名古屋法律事務所にてカトリック学園の弁護団会議のため名古屋駅へ行き 190円、終わってリハビリに向かい 230円、夕方は栄総行動事務局会議へイーブル名古屋へ 230円、打ち合わせが済んで組合事務所へ行き 200円、帰りが 270円、一日の交通費小計は1,120円です。

朝の食事はピュアな水200㏄のみ、昼はチキンクリームシチューとトースト1枚と焼き芋小3個で 600円、夕食はホッケ開き定食とグリーンサラダ小で、 880円、食費小計は1,480円です。本日の支出合計は2,600円で、累計は99,669円です。

 

過去の読書経験から言えば、読み始めた本はほとんど最後まで読み通すことが大半です。稀に途中で放り出したものがあります。例えば最初にはっきりと記憶しているのはアンリ・バルビュスの『地獄』がそのひとつで、これは高校生の時でした。最近では、といってももう3年くらい前だと思いますが、中村文則の『教団X』もそうです。その前は(5年くらい前だったかな)カルタサールの『石蹴り遊び』ですね。ガルシア・マルケスとか、バルガス・リョサをずっと続けて読んでいたときもありました。ゴーゴリドストエフスキーフランツ・カフカ、カミユ、サルトル、など書簡や日記や評論以外はほとんど読んだ作家もありますし、サルトルは『存在と無』や『シチュエーション』、『弁証法的理性批判』などの論文も読みました。大学生になったときにレーニン全集も第1巻からずっと読み続けて、途中で10数巻かで忙しくなって読めなくなってしまいました。『資本論』と『剰余価値学説史』は2回ずつ読みました。

読んでも記憶に残っているのは、その立場・観点・方法をもって自己を武装した、ということを想いだしますが、内容は具体的にはとんと思い出せません。

読んだことが意味があったのかと問うならば、それは大いに意味深く学んできたと思っています。記憶をなくしても、これから仮に認知症のようになっても、3つ子の魂百までというのは本当じゃないかな、と思っています。だから、いまでも革命運動の日々に、自分が何らかの役に立ちたいと望んで生きているのです。

革命運動の前進にむかって、明日も生きていこうと思います。

 

3月4日(月)最賃生活体験運動23日め-

今日は栄総行動の事前要請行動がありまして、地下鉄で中センターへ行き 230円、要請先である中税務署・名古屋市役所広聴課・愛知労働局・東海農政局のある市役所へ 200円で行き、昼食を頂いてから事務所へ 230円、帰りが 270円で、交通費小計は 930円です。

朝はピュアな水200㏄とランチパック・粒あんとマーガリン 130円、昼はKKR三の丸の日替わり弁当(低温熟成豚、もやし、タマネギなどのあしらい他)1,100円、夕方はちらし寿司ご飯と鶏肉のトーフ鍋、牛肉の肉じゃが 700円、食費小計は1,930円です。本日の支出合計は、2,860円で支出累計は97,069円です。

 

世の中にはたくさんの知らなければならないこと、読むべき書物があり、それらをことごとく知ったり、読んだりすることも、人生は有効に生かせる時間が限られているために、ほとんどできないとあきらめるほかはありません。読んだ本でさえ内容は瞬く間に忘れてしまうので、一筋に集中して研究している人にはかなわないものです。様々な広範な事柄に興味を持ったり関心を払ったり、少しかじってみたり、雑然たる生き方をしてきたからといって、何にもまともなものが身につかなかったと今さら嘆いたところで、まぁまぁそれはそれで楽しかったり、後悔はしなくていいと思えば、今の自分を解体しなければならないようなこともないのではないか、と思えます。

ついでなので、第91栄総行動の愛知労働局宛の本日提出した要請書を載せておきます。

派遣法の真に派遣労働者の保護・雇用安定のための抜本改正・非正規労働
者への職業的身分差別の撤廃、全国一律最低賃金制の法制化を求める要請

 貴職の労働行政においての日頃のご尽力に心から敬意を表します。

 今国会で露見した厚生労働省による毎月勤労統計の偽装が働く人々の中でも大変な話題となっています。財務省の公文書改竄は国の自殺行為でしたが、そこへ厚労省が首吊りの足を引っ張った、と言われています。国の基幹統計である「勤労統計を改変ソフトで偽装」していたことや、不適切調査を15年間も続けたあげくに偽装し、隠蔽するとは大変タチが悪い。もう国の出す文書は一切信用できなくなった、という声もあがっています。国民の信頼回復は急務です。
 2008年9月から始まったリーマンショックから10年がすぎ、同時に2015年9月30日施行の改正労働者派遣法で変更された派遣可能期間(抵触日)も昨年9月30日からはじまり、派遣切りの発生や広がりを抑止する社会の眼も厳しく注目を続けています。昨年4月から「無期転換ルール」逃れのための雇い止めを許さないこともひきつづいて重要です。
 実際、労働現場においては、雇用問題という最も大事な面での種々の労働法違反が跡を絶ちません。雇用関連法規の「改正」の影響もあって、例えば教諭も職員も、園長までが1年更新・4年上限の任期制という制度が名古屋カトリック学園の保育園において「労働契約法の改正への対応のため」という理由から持ち込まれています。また、佐川急便関連の偽装委託配送業務に携わるアドバンスなど複数の企業で偽装雇用が野放しとなっている事実があります。働く人々は佐川急便が実効的労務支配をおこなっていて、裁量権などまったくない状態ですが、応募してきた労働者に黒ナンバーで配送車両の届出をさせるなどして「労働者性がない」と監督署に認めさせています。これでは監督署が偽装雇用=委託請負で働く人は労働者ではない、労働法制においての保護も受けることはできないと、企業側にお墨付きを与えているようなものです。
 私たちは派遣期間の3年抵触ルールでも、5年無期転換ルールについても、使用者に直接雇用をさせ、あるいは無期転換を実施させるべきだと考えます。特に派遣法違反の事実が確認された場合は直接雇用と見なすことが行政の指導において徹底されることを求めます。
 派遣法は、この法律が事実上のベースとなり、すべての非正規・有期雇用・時間給制のもとで働く労働者全体に甚大な影響を与え、そのことにより正規も含むすべての労働者の雇用と労働条件を低下させ働くルールを壊してきました。
 今日の日本の雇用は、法律が複雑化してわかりにくく、現実の労働現場においては若者たちや女性たちでは非正規労働者が膨大に膨れ上がり雇用不安と生活不安が蔓延しています。これでは、日本が「世界で一番企業が活動しやすい国」となることにより、ますます「世界で一番労働者が貧しく不幸になる国」となっていきます。まさに、労働行政においてこうした雇用構造においての規制緩和の結果として社会政策的欠陥を作り出してきた政治の責任が顕著に問われています。
 格差・貧困という社会をむしばむ病をなくすためにも、最低賃金制度においては地域間の格差と生存権に抵触する低額の設定などを一刻も早く解消するため、前段に述べた派遣法の真に派遣労働者非正規労働者の保護・雇用の安定のための抜本改正と規制強化を、そして最低時間給を1500円以上(1日8時間拘束・実働7時間、月あたり22.3労働日数とすると月額234,150円)の全国一律最賃制の法制化を行政としても目標としてめざしてください。
 この課題は、冒頭述べた信頼回復のための、労働行政として、幅広くきめこまかな労働者への実態調査にもとづいて改善点を摘出し早急に実現されるべきです。ぜひとも働く人々の雇用と所得を大きく改善する政策遂行のご努力をお願いいたします。労働現場での実態につき、具体的内容は、要請行動において述べさせていただきます。
 以上の認識から次の事項について、貴局ならびに厚生労働省に、ご要請いたします。

 一.派遣労働の現状の抜本改善と規制の徹底強化、派遣で働く労働者の雇用と所得の安定に資する抜本的な保護法への法改正と抵触期間越えへの雇い止め規制強化をおこなってください。
  ② 「臨時的・一時的業務」規定を堅持し、正社員代替を認めないこと。
  ③ 派遣先企業に直接雇用と正社員化の登用制度制定を義務化するとともに、一年以上にわたり反復継続雇用がされている労働者について直接雇用・正社員とするよう法改正すること。

  二.派遣や非正規で働く労働者であっても正社員と同等の解雇制限法理を適用して、契約期間の終了だけではなく社会通念的に認められうる相当の理由がなければみだりに雇い止めなどの一方的な労働契約の終了をおこなわせないよう強力に指導すること。
   ② 有期雇用契約は正社員との均等待遇を原則とし、労働者本人が希望しない場合および合理的な理由がない場合は法的に認めないこと。特例の有期雇用の合計期間は一年以内とし、契約の更新回数について3回に制限すること。
   ③ 期間を定めた有期雇用制度については、それを望む労働者以外は全面廃止とすること。
   ④ 1カ月単位など不必要に短期の有期雇用については撤廃するよう規制を強めること。
   ⑤ 任期制は大学研究職など特定業種を除き認めず、廃止させるよう指導すること。
   ⑥ 現状では労働行政の人手不足により、迅速な調査と指導強化を実施できない実態であるため、監督官など現場の要員の増員を現在の人員の2倍程度までひきあげ、違法雇用の防止・一掃と、派遣法違反を根絶するための体制整備を早急にはかり、派遣労働者保護が徹底できるようにつとめること。

 三.全国全産業一律最低賃金制の法制化を早期に実現してください。
  ② 最低賃金は労働者の生計費を基礎とすることを原則に、中小企業への積極的助成措置をあわせ講じることにより三要因のうち支払い能力を削除し、最低生計費調査を実施して愛知県地方最低賃金額をただちに時給千円以上に引き上げ、千五百円を目標とすること。
  ③ 愛知県地方最低賃金審議会における労働者委員の構成は、連合愛知の委員独占をやめ、現実の労働組合のとりくみによって低賃金の非正規労働者の実態と要求をくみあげている愛労連など系統の異なる労働組合推薦の代表を最低一名以上、選任し加え民主化すること。
  ④ 愛知労働局は、毎年決定される時間額について、健康で文化的な最低限度の生活を営むに足る適正な額であることを、時間給で働く労働者の実態調査によって、最低賃金として適正である根拠を検証し裏付けられるのかどうかを具体的に回答してください。
  ⑤ 愛知県地方最低賃金審議会は、審議をより民主化し専門委員会についても全面公開化をはかって、今年の審議会の専門委員会においては、愛労連最低賃金生活体験の参加者、特に青年と女性各1名の意見陳述を、必ず実現してください。

  2019年4月17日

3月3日(日)最賃生活体験運動22日め-

朝から名駅 190円、そこから名鉄津島駅 390円、タクシーで病院へ 530円、病院前から地下鉄岩塚まで 610円、そこからリハビリへ 270円、帰り 200円、交通費の小計2,190円です。

朝はピュアな水200㏄と梅おにぎり 100円、昼はデミグラスソースハンバーグ 800円、夕食はちらし寿司、トーフとネギの味噌汁、ハッサクで 280円、食費の小計1,180円です。そのほか、朝出かけたときは雨が降っていなかったけれど、途中で小雨に降られたため、病院の売店で傘を648円で買いました。支出合計は4,018円、累計額は94,209円です。

 

故郷に帰った六さんの夢に銃殺された父が押し入れのふすまを開けて出てきて、「人間は今まで、みんな間違うたことばかりしてきたのよ。-略-間違いの中でも、一番の大間違いが戦争よ」と話します。阿川弘之の『カレーライスの唄』は半分を過ぎました。

昨日は友人のパソコンの修繕に出掛け、今日は入院している友人のお見舞いに出掛けました。そして、今日は更に友人の県労委の求釈明と団交における協議事項の整理の文書を先ほどメールで送りました。

そういうときは、ドストエフスキーは一行も読めませんし、勉強に類する本を読むこともかないません。もっと自由な時間が沢山欲しいと思っても、時間は限られており、できることも極めてわずかです。人間が一日にできることなど、本当にたかが知れていると思います。

最賃生活体験運動も、もうあと6日となり、知らず知らずのうちに1週間をきってしまったことに驚きます。自分はあと6日間、なにをして生きていくのだろう。2月革命のため民主主義革命のためどんなことをするだろう。なにかをしたいな、といつも思っています。